中古車の中でも流通需要の高い軽自動車に関して、市場価値の暴落などは基本的にありません。
しかし、顕著な事故歴や修復歴はやはり査定評価を大幅に下げる要因となってしまいます。また、明らかに損傷の激しいクルマについても、一般の中古車買取業者では廃車か引き取りという対応になることがあるようです。
かと言って事故や修復歴を隠しても査定士にはすぐに分かってしまい、隠そうとすることはかえって心象を損ねます。廃車レベルの状態を修復しても、同様に事故修復車としての査定となるため、修理代を払う意義は大きくありません。
それであれば、敢えて事故車・廃車に特化した買取業者を選んで売却する方が、有意義な査定が期待できます。
無料一括査定サイトでもそうした業者を探すことができるので、諦める前に一度試してみてください。

とはいえ、なぜ通常では扱えない状態のクルマを扱うことができるのでしょうか?
それには買取業者の持つ流通ルートが大きく関係しています。
事故歴などから国内では中古車として市場に出すことが難しいものであっても、頑丈で精巧な日本車はけして走れないわけではありません。
次なる市場を途上国にうつしたり、パーツ単位でやりとりを行ったりと、さまざまな流通の方法があるのです。
お金を払って廃車にするよりマシ‥と二束三文で手放してしまう前に、価値のわかる専門業者で査定を受けてみてください。
国産の軽自動車は国内外での中古車利用、パーツとしての再生や資材リサイクルなど、その用途と流通ルートも多様です。
車 査定 おすすめ