今日はひな祭りです。
近くに住む料理上手の従姉がお赤飯とちらし寿司を持て来ってくれました。
毎年恒例の事ですが、本当にありがたいことです。
まともにちらし寿司など作ったことが無い私は、彼女のきれいなちらし寿司を見るといつも感激します。
わが家には立派なひな人形はありませんが、私が作った紙雛を玄関に飾っておきます。
少しでも季節感を出したいからです。
本物の雛人形があればさぞかし家が華やぐはずですが、残念ながら私が子供の頃は、ひな人形を買えるほど余裕はなかったようです。
私たち娘にはひな人形を買わなかった父ですが、姉の娘が生まれたときには買ってあげました。
少しだけ余裕が出た頃だったのでしょう。
以来姉は一度も欠かさずその段飾りを飾っています。
父が「頑張って」孫に買ってくれたからでしょう。
ところで最近は、お雛様があっても出さない家がけっこうあるようです。
面倒だからというのがその理由らしいです。
女雛と男雛だけでも出してあげればいいと思うのですが。
みなさんいろいろ忙しいとは思いますが,忙しいからこそ一時でも季節感を楽しんではいかがでしょうか。
ずっと暗い押し入れの中に閉じ込められていては、お雛様が窒息してしまいそうです。

Comments are closed.